読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。今年の学園祭は方向音痴発動なるか…⁉︎

トラブルも疲労も後から考えれば学生生活の代償だから仕方ない

今日も駅に行ってないから、先日のネタを書いちゃいましょう。学園祭についてです。1日目は自分のクラスは食品バザーを開催。ハヤシライスと大学芋を販売しました。直前までいくらにするかかなり論争になってたけど最終的に店長が店長権限で値段を決定しハヤシライス一杯200円で落ち着く。当日は寮生と担任の協力により朝6時半から作業開始。友人によると玉ねぎをとりあえず切りまくったらしい。そして更に大量の芋を切りまくる。この間に電車に乗って揺られて登校する集団が自分たちですね。乗車中は特に面白い事がなかったな。さて、駅に着き次はバス停に並ぶ。ちょうどいいタイミングでバスが到着したので乗ろうと思ったら、今度はあいにくクラスの首領と側近がご到着だったようでバスが満員になり、乗る事ができずタクシーでの登校。こんなことする高校生いるのかよって内心突っ込んでました。

そんなこんなで近くに来ていたタクシーに乗りこむ。ここまでは順調だったんですがこのタクシーの運転手最悪で、駅舎一周してから料金あげて出発した挙句、校門の50m手前で「止めてください」と言ったのに校門50m通過してから停車。料金がワンコイン分上乗せ。高校生は舐められる対象ですか…タクシー乗らなきゃよかった(´Д` )乗った後にみんなで後悔しました。朝7時、出費280円(割り勘した)。

さぁ愚痴りながら校舎へ。この日は私服登校のため、ある程度のセンスが試される。男子は思いの外かっこいい人が多くて女子軍は満足していた様子。一方女子は期待はずれでいい人がはあまりいない…としょげる男子軍。自分はどうかって?普通の高校生っぽい格好してきましたよ。普通の。ガウチョに短めのTシャツで着て行きました。まぁそれは置いといて着いたら早速手を洗って(衛生第一)作業に移るわけですが、教室の端の方で数人の方と芋を揚げていると何やら可愛いお嬢さんが近づいてきました。「私もやろうか?」とのお声かけ。いい人に見えるでしょう?でもこの場合、迷惑なんですね。早く芋を揚げて次のグループに渡さないと怒号が飛んでくるので新人さん入れてる余裕なんてないわけです。そんなこんなでやんわり断ってみました。すると「必要になったら呼んでね」と快く承諾してくれたではないか!あぁやっぱりいい人だ!と思っていたら30秒後に声をかけられた。

嬢「私もやろうか?」

………やりたいならやりたいって言えコノヤロー‼︎‼︎‼︎

ってやりたいって言ってたね、断ったの自分だったね。仕方なく諦めて菜箸を預けることにしました。仕事をあげちゃった後に残るリストラ感は一体何なんだ…。テンションが急降下。そんな自分の気持ちを悟ったかのように数秒後担任から仕事の要請がくる。すげぇな担任。ということでご飯を100gぴったり注ぐ仕事を与えられました。こういうの昔から好きで「3分ぴったりでタイマーを止める」とか「12cmぴったりの線を書く」とかぴったり系ゲームにはまってたこともあり、得意なんです(ニコ

天職を貰いフリーターも形勢逆転。開店の9時頃には仕事も板についてきました。こうしてやる気満々で開店を迎えたわけですが、流石に朝っぱらからハヤシライス食べに来る物好きもそうそうおらず、早速暇。そこで店長さんは売り子を導入。イケメンと美女ペアを校舎入り口付近に設置(?)し大学芋を売りまくる!すると売れる売れる!大学芋10カップを5分で売り切るペース。この波に乗って一気に売りまくる。芋揚げて、焼いて、盛って売る!大学芋、昼前に完売。容姿って大事ですね。さてとお昼時が近づきハヤシライスタイムが近づいてきました。ハヤシライスの売れ行きは好調。しかし混雑を予想して早めに来店していた保護者が多かったため午前中にハヤシライスが結構売れて、昼時にまさかのご飯、ハヤシライスのルーが共になくなる事件発生。30分のタイムロス。担任はお米を炊いて研いでをひたすら繰り返してくださってるので兎に角全員総出でハヤシライス調理に取り掛かる。それは良いものの全員一斉にハヤシライス作り始めたもんだから出来上がるのも同時。30分後に大量のハヤシライスが出来てしまい、今度はいかに早く売りさばくかが勝負に。ここで再び売り子のイケメンと美女が登場。又しても3分で8皿売るという快挙。他にも半数以上の人が最後の最後まで粘って声を張り上げてくれたおかげで時間内に全ての食品を売ることができました。次の日コーラス大会なんですけどね、喉大丈夫だったのかな…。終わった後は片付け。片付けをしてたら教卓のところに謎の炊飯器が出現。開けてみたら炊いてないご飯が…あれ、あれれれ⁉︎というわけでクラスみんなで食べることに。勿論ご飯オンリーで(ハヤシライスは完売ですから)。これが結構美味しい!女子中心にご飯食べまくってました。みんな忙しくて昼抜きの人が多かったからですね。色々あったけど楽しかったな、1日目。家に帰ったらちょっと痩せてました。腰痛くなってました。まぁ青春の傷及び代償ということにしときましょう(笑)お疲れ様でした。

追記 お米をひたすら準備して下さった担任の先生、ずっとお店のことを考えてくれていた店長、ハヤシライスがなくなってしまった時にやってきた大量のお客さんを上手くさばき1人たりともお店を出させなかったレジ担当の男子、大盛り5杯頼んで下さったクラスメイトのお母様、すごいスピードでハヤシライスを注いでくれた男子、売り子として大声出してくれた女子、調理器具をたくさん持ってきてくれた男子、野菜やお米を提供してくれた方、そして囃し芋の商品を買ってくれた方、全てに人に感謝です。店員の1人としてお礼を申し上げます。