読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。今年の学園祭は方向音痴発動なるか…⁉︎

案外天気でテンションが決まるから人って単純

朝から憂鬱な気分。雨ですね、もう梅雨が来たんでしょう。今まで自分に散々汗をかかせてた太陽はすっかりひきニートになってしまって本当に困ったもんです。縁側に座ってお茶でも飲みながら見る雨なら大好きなのですが、実際に雨に打たれてびしょ濡れになるのは嬉しいはずがなく一日中テンションは低め。

まずいつもの如く寝坊して駅までダッシュ。ギリギリセーフで乗り込み、私鉄に乗り換えるまでに車内で息を整えます。しかし車内は恐ろしく静かなため自分の荒い呼吸の音のみが響きます。静寂って怖いですね…。なんとか調子を取り戻して私鉄に乗り換え、一時限目の数学の小テスト対策を始めます。そんなこんなであっという間に40分が経ち、駅に到着。しかし今日は土曜日なので地下鉄や私鉄の発車時刻は平日通りなのですが、バスは本数が減るので下手したら雨の中を歩いて登校しなければいけないという状況に。10分ぐらい粘りましたが(よく考えればたいして粘ってないのに)結局学校までの直行便には乗る事を諦め、大通りまでバスに乗りそこからは雨の中住宅街を歩く事にしました。

学校に着くとまだ人は少ない。やっぱり土曜日である上に雨だったことが原因のようです。今日の教科は数学、生物、世界史、英語。後ろの方から「俺なんで物理なんて持ってきてしまったんやろう」なんていう男子のぼやきを聞きつつ朝のうちに生物の復習をしてしまいます。こうして色々作業をこなしているとあっという間に4時間なんて終わってしまいます。帰りのSHR後は単語帳片手に学校前のバス停へと急ぎます。

しかしここでアクシデント発生。自分が校舎を出ようとした瞬間ザァァァと一気に雨足が強くなってきました(気のせいかもしれませんけどね)。まぁ雨オンナなので仕方ないかなぁという部分はあるのですが、荷物が多い土曜日の帰りに雨雲からストライキされたらさすがの雨オンナもキレます。しかもストライキの勢いが強すぎて横殴りの雨が降り始めました。学校前からのバスは1時間に2本。逃せば30分も待たなくてはいけません。そんな状況の中友人と焦りながらバス停に向かいますと学校の右手にあります1つ前のバス停にずらぁっと並ぶ傘の集団が見えました。間違いなく中学生軍団です。実はうちの学校のバス停から100メートル(もないと思います)ほど先にもう1つバス停がございまして、学校前のバス停の1番前に並んでいる人よりも100メートル先のバス停の最後尾の人の方が確実にバスに乗車できるシステムになっております。したがって校門前のバス停の存在価値がないのです。あえて言うのならば、屋根が少しついてるぐらいです。

こんな状況でとてもバスに乗れるとは思えず、仕方なく大通りまで歩く事に。友人は晴れの日用の靴だったためかなり靴のことを気にしながら歩いてました。確かに靴が汚れると嫌ですもんね。とことこ歩いてバス停に着くと同じことを考えていた人が多かったようで、こちらにも似たような制服姿がずらり。乗るために30分もかかりました。最終的に学校前で濡れて乗っても同じだったんじゃね?みたいなオチですよ…

バスに乗り、私鉄に乗り、先週の土曜日と同じように下車駅を通り過ごして終点まで乗ります。前回は天神なれしている方がいらっしゃったのでいいですが、今回は友人と2人きりでチャレンジ。ソラリアステージに向かいます。取り敢えずバスターミナルとかがある方向だとざっくり覚えていたのでそちら付近の改札口に向かいますが、なんか見覚えのある場所に到着。先週も来た改札口です。いくつも改札口があるはずなのに同じところに来てしまったことで頭の上にははてなマーク。前回は改札口からアニメイトに行きましたが今回はソラリアステージ。早速右往左往して適当に進みます。するとソラリアと表記されているところについたので取り敢えずエスカレーターでグングン上昇。しかしなんか違う。自分たちはインキューブに行きたいのにどこぞのレストラン街に到着してしまいます。そして抜けたと思ったらバスターミナル。アレ、アレレレ?まさかの2人とも方向オンチだったようです。方向オンチって本当に無意識なんですけどね、絶対目的地と逆方向に進んでいくんですよ。不思議不思議。

こうして(無事)インキューブに漂着しました。到着というより本当に流れついちゃった、っていう感じです。気付いたらインキューブだった!みたいな(笑)友人が誕生日プレゼントを選んでいる間に自分はざっくりと新商品が出ていないかどうかをチェック。月が変わったんですけど全然品物変わってませんでした。その後はノート類をチェック。自分は文房具の中でノートが1番好きで、小さい頃からノートコレクションしてました。柄が好きなわけではなくて、紙が好きなんです。真っ白い紙が好きでそこにいろいろなことを書き込んでいくのが趣味って言っても過言ではないです。賛同してくれる人はなかなかいないんですが…というか今まであったことがないです。

さて、買い物も終わりすんなり家に帰って後はお勉強です。勉強大事ですからね!予習も復習も。