読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。今年の学園祭は方向音痴発動なるか…⁉︎

世の中何かとうまく回るようになってるからすごい

久しぶりにこのページ開きました。なんか最近更新できないぐらい忙しかったんですね…今日は7日だし。では愚痴ってないでいつも通り友人帳に刻々と記録を刻んでいくこととしましょう。

今日は朝5時半に起床。最近起きる時間は安定してきました。起きたらまず携帯をリュックに入れます。最近忘れていくことが多くて親に怒られたのでまた雷が落ちたら困るのです。取り敢えず親の言うことは聞いときましょう。そうしてノタノタしていると6時15分。そろそろ家を出た方がいいと思いテレビの時計を見てみたら6時20分。あと電車発車まで4分です。今日も今日とて駅までダッシュ。持久力ついてきましたよ(笑)まぁこうしてギリギリで地下鉄に乗り、私鉄に乗り、バスに乗り学校へ。今日はバスに乗る人が少なかったようで、いつもの満員バスの半数は特急組でした。学校に到着すると朝のボケがやっと覚めてきたようで自分のバカさに気付き始めます。今日は7限は世界史なのに生物を持ってきてしまう事件発生。友人は数学のプリントを忘れていたのでお互い交換条件で食堂前でコピー。お金を無駄に使ってしまったことに後悔し、保健室脇の人体模型にビビり、1階から5階まで階段を上って、朝は終了。そういえば友人が裁縫道具を持ってきて扇子の修理をしてました。彼はなんでも名をしちゃいますからねぇ、この間なんて蜂の毒針抜いてましてし。器用っていいですね。すると担任の先生が普段より早くやってきて、黒板にトランプの記号と出席番号を書き始めました。みんなでザワザワ話をしているとすぐにSHRが始まり早速説明がありました。

担任「来週の月曜日から3分間スピーチというものをやっていくわけですが、トップバッターは誰にしようと考えまして。それで私はあることに気づいたんです、うちのクラスは51人、私も入れたら52人。52?52…トランプ!と。でも私はトランプなんて持っていないなぁ、するとK先生(数学の先生)がトランプを持っているではありませんか!(クラス全員爆笑)」

普通にこれを読んだら爆笑する理由がわかりません。しかしこれには事情があります。今週の月曜日の昼休み、Nくんが前々から苦労して作ったトランプが完成し遊んでいたのです。するとK先生にトランプが見つかってしまい「勉強に関係ないものは持ってきちゃいかんけん没収!」と言われたわけです。でも彼は「持ってきちゃいけないから学校で作ったんですよ」と悔しそうに(の割には笑ってましたけど)言います。これにはみんな苦笑。彼が地道に作っていた姿を誰もが見ていただけに爆笑はできなかったんです。

という経過があっての今日だったのでみんな爆笑。担任の先生の粋な計らい(?)のおかげで彼は無事トランプをゲット。その代わりにスピーチのトップバッターを選ぶくじを引いたんです。するとダイヤの4が出ました。結果その人がトップバッターに選ばれたわけですがこれまた奇跡というかなんというか…。実はダイヤの4の人の席は以前Nくんが座っていた席だったんです。Nくんといえば特別教室で3回連続くじによって指名された、伝説の26番のお方。Nくんのくじ運が悪いのではなく26番の座席が呪われていたようです。七不思議、ひとつ解決です!

こうして無事トランプを取り戻したあとは普段通り授業が進行。特に変わったことはなく平和な1日。昼休み、トランプが復活したのでまた遊ぶのかなぁと予想していると教室にNくんをはじめ、クラスの約半数の男子がいないという状況に。あやしがりて窓によりてみるにバレーボール見えたり。外でみんなでバレーボールしていたようです。インドアからアウトドアへ。発想の転換って大事ですね。めでたしめでたし。午後は現代文、漢文、世界史と楽しい教科が続きます。そんなこんなで今日も終了です。

帰宅途中駅であまり話したことのないクラスメイトに遭遇し、突如質問され少しビビりましたがいい人だとわかり安心。すっかりクラスに馴染んできたなぁとしみじみ実感していました。もう夏ですね、早いなぁ。