読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。今年の学園祭は方向音痴発動なるか…⁉︎

晴れているから良いと言うわけじゃない 天気はコロコロ変わるから良い。

さすがに体力が持たなくなってきた今日この頃です。もうやること多すぎて全然眠れないし、英検終わったと思えば定期考査3週間前でまた気合い入れなおさないといけないし学生って大変ですね。中学生のときどんだけ遊んで暮らしてたんだろう、というかどうやって過ごしていたかすら覚えていない悲しい現実。

本日は数学(テスト)がありーの体育がありーの、しかもその後英語のリスニングテストがありーのといった具合に結構ハード。いろいろあって一日中ズーンと沈んでおりました。体育ではすっごいいいお天気の中ソフトボール。みんなバカスカ球を打つもんですからファーストを守ってる自分としては大変。1人ホームラン打ちました。いやぁキレイにカキーン!ってなんててみんなで歓声をあげていました。後面白かったのは同チームのAさん。先生が投手だったのですが、一発目で「カキーン!」となって(これはホームラン来たわ)とか心の中でガッツポーズしてたら、何気なくぶら下げていた先生のグローブの中に球が吸い込まれるかのようにINしましてさっそくOUT。本人はがっかりしてましたけど逆にすごい技だと思うんですよね、まぁ取り敢えずみんなで爆笑。お次はTさん。彼女は6番バッターだったのですがこの時我がチームは満塁のチャンス。しかも彼女は無意識でたまたまやってしまったらしいですがちゃっかりホームラン予告してました。そんなTさんは果たしてどんな球を繰り出してくるのか…まずは一発目。カキーン!打ちました!おっと飛んでいる飛んでいる!

ゴツッ!

先生の頭に球が直撃。痛い、これは痛い。倒れそうになる先生でしたが、そうと見せかけて立ち上がりTさんに「大丈夫だから!心配せんでいいよ」と声をかけました。やっぱり先生って強いですね。こうして6限が終了し、リスニングテスト。結果は……

もうちょっと、いやかなり真面目なヤツになろうと思います。