陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。気分で更新。最近はアニメ記事書きます。

動くことは新たな動きの原動力を生む

今日は待ちに待ったクラスマッチ(いうほど待ってないけど)。でも今週はずっと雨で試合ができるかどうかわからない、雨天時は全員強制ドッジボールという過酷な日程待ち。そんな状況の中前日からフリーザ様のてるてる坊主作ったりクリリンのてるてる坊主作ったり天気予報に釘付けだったりひたすら天に向かって祈る、なんてことをやっていました。そのおかげか天候は曇り。雨女の自分がいながらも曇りにできるとはさすがフリーザ様とクリリン。朝から張り切って早起き…
なんてことがあるわけありません自分に限って。いつも通りの寝坊(睡眠時間やっぱり足りてない)をして泣きながら母親の強制朝食を流し込み駅までダッシュ!起きてから駅に着くまでたった15分。自分にしては頑張った方です。ギリギリ間に合ったので地下鉄に乗りいつもの急行で登校。やっぱり友人とのネタはクラスマッチ関連です。学校に着けばもう早速体操服にみんな着替えていました。自分たちは幸い誰も着替えていないときに教室に入ったので良かったのですが、後から来た方々は男子が着替えている途中で教室に乱入してしまうという事故が発生。ドンマイですね。とりあえず朝の20分は友人とどの順番でクラスメイトを応援に行くか、ということを話し合っていました。自分はバレーガチ勢(観戦)。バレー参戦の上観戦も、というぐらい本気で楽しみ。友人はバスケやバレー、卓球と色々見て回りたいとのことで色々話しながら決めていたらあっという間に8時半。SHR後、袋にタオルと水筒を詰めていざ出発です。
バレーコートは昨日の雨で悲惨な状況になっていたのですが、先輩方が降水量が比較的少ないときにブルーシートをかぶせてくださっていたのでまだセーフ。とりあえずトンボでひたすら水をとってデッキブラシでラインをはっきりさせてやっと試合ができるようになりました。しかし足元がドロドロなので大変滑りやすい。そんなわけで男子軍はほとんど裸足で参戦。表情の真剣さが女子と大違いです。
我らがA組最初の試合は男子バレー。女子軍総出で応援。Fくんのアタックが華麗すぎて女子は「キャー!!」なんて言っている余裕もなく雄叫び(女子なりの)。言葉が出ないんです、あまりの凄さに。しかし何かしらの方法で興奮を表したいように人間の体はできているのでしょう、声が声じゃないという現実。Fくんの攻撃やジャンプを見ていると「ハイキュー‼︎」の日向をついつい想像してしまいました。一瞬一瞬が充実していて、大変濃厚(?)とでも言えばいいんでしょうか、とにかく幸せな時間でした。男子軍は途中で派手に滑ってしまい泥まみれになった人もいましたが、正確なサーブとナイスカバーで見事一回戦勝利。こうしてかなりハイレベルな試合を目の当たりにした後に自分たちの試合があったのですが、いきなり対戦相手が3年生。焦った自分は失敗ばかりで失点に直結。気が重かったですね、最近オーバーはだいぶ上達したと思っていたんですが…。そのうちメガネも負傷。視力0.08での勝負となりかなり厳しかったです。それでも味方が上手かったので得点差は2点。一回戦敗退です。こうして虚しさに浸りながらしばらく男子バレーを観戦した後、男子バスケの応援へ。バスケはバスケで迫力が凄い。床を通して伝わってくる振動と眼の前で繰り広げられるボールの取り合いと、綺麗に決まるシュート。こっちはこっちで感動。A組はうまくパスが回るんですがみんな緊張しているのか、どこかぎこちなさがあったような気もします。バスケを見た後は少しだけ男子バレーの二回戦を覗きに行きます。しかし相手は3年生で苦戦中だったらしく負けてしまったようです。行った時の凄いタイミングの悪さ。普通がっかりしてる顔なんて他人のいるところでしたくないのにそのタイミングでバレーコートに行くなんて!と自分に大変腹が立ちました。こうして昼食のために一旦教室に戻ってお弁当を食べ始めるのですが、帰ってきた男子軍団の顔がやっぱり暗い。みんな無言で入ってきて無言で教室を出て行きました。お弁当を持ってきていた人もいたのに、食べずにいなくなる人も………何も言えませんでした。しばらく自分も沈んでいたので大好きなバレーでも見て気を晴らそうと30分ぐらい5階の教室からバレーコートを眺めます。もう午前中の試合は終了していたのですが、ただやりたい人が適当に集まってひたすらアタックとブロックの練習をしていたり2人でパス練を永遠にやっていたりと単純にバレーが好きでやりたくてやってる人がいたんですね。お昼も食べないでずーっと練習していてチラッと見える表情も楽しくて仕方がないという顔をしていたんです。やりたいことを単純にやっている友人の姿は清々しくて眩しかったです。自分は傍観しているだけで、見ているだけで満足して何も自分でしようとしません。バレーにしても何にしても。動くことが大切だということを運動の日だけあってより強く感じました。言葉でうまく説明できないのでここでは割愛しますが、胸にこみ上げてくるものがありました。定期考査開けたら見てるだけじゃなくてなんでも自分の手でやっていこうとおもった昼休みでした。
昼休みが明ければドッジボール。広い広いグラウンドの隅っこで女子同士が火花を散らす戦いードッジボール。男子のドッジボールとは違う意味で面白さがあったりなかったり。まず1戦目は2年生。我らがA組は公立中学校出身が多いだけあって鍛えられてますから1戦目は勝ち越します。しかしいざ勝敗判定となったときに相手側のチームが1人多いという事態が発生。さらにいろいろあって勝敗の判断ができないということになり審判が下した判断は「じゃんけん」両チームから3人ずつ出してじゃんけんし、勝った方がドッジボール勝者となることに。結果2勝1敗で勝ち進み3年生と対戦。先程バレーで対戦した先輩方とこの度はドッジボールで対決。結果勝ち越しまして2勝。しかしここで雨が強くなってきまして試合がどうなるかわからなくなりましたが、やんでしまったので続行。続いての相手は強豪1年E組。学年最強をうたわれるこのクラスと戦うのかと思うとなかなか恐ろしいものがありました。もう形相からして凄いですもの。こうして3戦目は負けまして終了。
帰り際には男子のドッジボール(5試合目)を観戦。強いSくんが外野からのスタートということには少し驚きましたがこれはちゃんと理由があって、めちゃくちゃ強い人がコート内に2人いるのでこの3人で相手チームを挟み撃ちにし当てまくろう!という作戦だったようです。最初のうちは見事に成功するのですがコート内の強豪が1人相手チームに当てられてしまいまして、そこからは相手チームのワンサイドゲームになってしまいます。うまく巻き戻すも判定は外野の人数で判断されるので的が多い(人数が多い)A組は不利。結局負けてしまいましたがみんな笑顔でした。みなさん完璧にストレスをすべてボールにぶつけているのでしょうか、とんでもなく速い球を投げる上にまるで鉄球かのようなダメージを受け取る人に与えていて、なんとも恐ろしく面白く迫力のある試合でした。
すべての競技が終了し閉会式迎えます。A組は男子卓球が準優勝。女子ドッジボールが3位にランクインしていたようです(意外)。結果もある程度残せて達成感と充実感も味わえて素晴らしい日になった今日はあっという間でした。いやぁスポーツっていいですね。でも忘れちゃいけないのは定期考査の存在。あと1週間ぐらいしかないです。時間が…足りない!