読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。今年の学園祭は方向音痴発動なるか…⁉︎

フラグ回収の神様は背後どころか目の前に立ってるのかもしれない

本日も朝から雨。いやではないのでいいですが、流石に何日も連続で雨に降られるとジメジメしてしまうので避けたいですね。

今日は一発目から体育。やはり体育館で超ソフトなソフトボールを。これは前回と変わらずヒット打ちまくり、ホームラン出まくり、という面白くもあり面白くない部分もあり(どっちなんだよ)1日の準備運動にもならないぐらいの運動をして終了。その後に迫る数学の小テストをなんとか乗り越えて芸術選択を2時間ほど。自分は音楽を選択しているのですが、今日はこれまで男女6人のグループで作ってきた曲を発表する発表会と歌のテストがありました。自分たちのグループではラブソングにしようという話になり作り始めたはいいものの、男女の気持ちを共に歌詞に込めるって難しくない?という意見が出まして、片方がこの世に存在しなければ気持ちを男女どちらかの感情だけで曲を作れる!なんていう結論に至ります。最終的に彼女さんをどっかに左遷させました。メロディの方はピアノもできるし成績も優秀のクラストップの男子が作成。無事発表会を終える事ができました。勿論発表会なので他のグループの曲も聴いたのですが、特にいいなぁと思ったのは最後に発表したチーム。剣道と数学を得意とする男子がリズミカルな伴奏を披露し、それに合わせて男子たちが中二病炸裂の歌詞を歌いまくるというボカロみたいな仕上がりになってました。カノンの和音を必ず順番どおりで使わなければいけないという制限があるにもかかわらず、まるで本格的なボカロのような出来上がりになるのはやっぱり作詞作曲がうまいんでしょうね。聴いていてすごく爽快でした。

芸術選択が終わってしまうとなかなかきい時間割が待っております。数学、古文、英乙と指名にビクビクしたり板書の量が多かったりと一気に体力を消耗した3時間でした。特に英乙。英作文の板書をしなければいけない授業だったのですが、先生の気分と先生の腕時計の秒針がさしている数字で指名される出席番号が決まるのでクラス全員ヒヤヒヤ。自分および付近の席の人は回避したのですが、当てられた出席番号が22,25,27,35,などなど自分の前後の人が集中攻撃を食らっているので寿命が縮まった、なんて話す友人もちらほらいました。ちなみに今日は芸術選択の時間に音楽では自習時間があったのでグループの人たちと英作文をやっていたのですが、まさに35番の方と自分は同じグループでして

「ここだけわからないから当たって欲しくないなぁ」

「そういうところに限って絶対当たるけんw」

というやりとりがあった後だったのでついつい爆笑。一体フラグ回収の神様はどこに降臨されているんでしょうか、怖いですね(笑)

帰りは部活がないので特急列車に乗車。例の柳川特別列車「水都」に乗り込みます。水都は座れる席が限られているので必然的に立つことに。またもや足の筋肉が鍛えられてしまう…最近足が重くなってきたんですよね。しかも暑くてぐったりしている自分の目の前でがっつりガリガリ君食べ始めた先に少年がいたもんですから、なお一層がっかり。そんな事があってテンションが下がり気味の自分の前方から、突如笑い声が聞こえてきました。顔を上げてみた先にいたのは我らがA組の男子軍団。3人掛けぐらいの狭いスペースの座席になんと5,6人で座るクラスメイトたちの姿がありました。いやぁ、仲良しですね。絶対暑いと思うんですが。今日も一日ケガなく過ごして終わりました。1日1日が大事だってことはテスト前だけにすごく感じる今日この頃でした。