陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。ふとんって気持ちいですよね…

いたずらにイタズラを

さて本日金曜日。昨日に引き続き数学に連続の時間割です。さらに付け加えて地理勢は小テストも。朝から問題を出し合っている男子たち。勤勉ですね〜(リゼロ)

1限2限は数学。3限は日本史。毎度毎度思うのですが、日本史の先生がUくんに対して異常に優しい。他の先生方をことごとくキレさせ、呆れさせ、あきらめさせたUくんにこの先生はまだ優しい。なんででしょう。

「プリントあげすぎて逆に整理できんくなるかもしれんけん、やめとこうかと思って」

ってどこまで生徒想いなのか…。それでもって授業中の話し方はリゼロのロズワール辺境伯みたいになるんですからちょっと変な感じです。

4限は物理。物理は最近楽しいですね〜。まさかの気象の勉強のために物理やり始めたら今度は物理にはまるという(以下略)今まで散々苦労していたあの物理嫌いの自分はどこへ行ったのでしょうか。

続いて化学。化学は物理に対抗するように苦手意識が高まっていってます。まずいです

。でも昼休みに友達が一生懸命問題集解いてるのを見ると自分もガンバならければと思えるのですから友人の力ってやっぱり絶大。でも今日は歴史だったので楽しかったです。そういえば物理の時間に書いてあった吹き出しマークを面白半分で黒板に残してみたら、まさかの化学の先生がそれを授業に採用してくださるという結果に。クラス内で皆さん苦笑。もうまさに堪えてる感じがすごかったです。本当に苦笑いというよりは笑うのこらえるのが苦しい感じがしてて、ああこう言う言い方もあるのだなぁと脳内辞書にメモメモ。

それでもって6限の英語ではあっけなく消されたもんですから落胆。今日はさすがに指名されないよな、と席の配置を確認するも最終的に当たってしまったので(以下略)

最後は現代文の山月記で締めます。

本日も無事に終了です。