読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。その下巻は大変素晴らしい本でした。

臆病な自尊心と尊大な羞恥心は封印せよ

本日土曜日。1限は現代文。山月記ということで意気込んでいたのですが、問題を見た途端焦ります。やっぱり試験中が一番頭が良くなるっていうのは正論ですね。

2限は化学。これはセミナー3回解きましたから比較的落ち着いて解けました。でも明らかに時間が足りない。多分答え暗記してないと無理です。しかも名前を書くときにも地味に化学は挑戦してきます。出席番号の隣にある一言。

「出席番号+5の番号の元素を書いてください」

自分は…マンガンですね。

最後は数甲。さぁてどんな難題が来ようと精神的ショックは受けません!赤チャートだってやりました。課題テストの時から悔しくて地味に地味に勉強してました。だからなんとしても60点は超えたい。そんな思いで問題を見て目が点。だって…明らかに計算問題があります。今回は異常に優しい。易しいのではなく優しい。なにがあったんだろう…

本日も無事終了。