陽水の駅舎友人帳

劣等高校生の日常。電車通学。気分で更新。ふとんって気持ちいですよね…

リベンジマッチの行く末は…

本日ハレ。今週は定期テストでした。リベンジマッチ④定期。結果は……。今回ばかりは冗談抜きで点数を見てなんとも言えない気持ちになりました。あれだけ言っといてこの結果。誠実は示せなかった…決めるときに決められない人は信用できませんよね。期待してもらったのに裏切って裏切って、それでも信じてもらって裏切ったらもう信用もクソも無いですよ。例えどんなに仲良い人でも、信頼が無くなったらそこまでなのにましてや…。この結果を踏まえて進路選択とか無理ですよ。過去と未来が相互修正して、って試験問題にありましたけどこれで修正できたら逆にすごいと思います。友達はみんな励ましてくれたけど、家に帰ったら感情爆発で枕に突っ伏してました。

そんな事が昨日会ってからの今朝。OさんとK先生の会話。

K先生「Mさん(K先生はOさんの事をこう呼ぶ)は文理どっち行くの?」

Oさん「えっ理系行きます」

K先生「おう」

Oさん「理系科目苦手だから文系行こうかなぁとも考えたんですけど、やっぱり理系好きなので理系行きたいです」

K先生「そ!それが大事よね〜」

以下略。

いつも私とOさんって意見が合わないんですよ。私が右行こうって言ったらOさんは左行こう!みたいな感じです。でもこれは強く納得。苦手だけど好きなんだ。行きたいんだ。そういう気持ちの問題なんだなぁって。テスト後にネガティヴ街道まっしぐらでしたけど、この言葉も元気をもらった言葉の1つ。また頑張ろうと思います。結局過去って変えられないし、直接変えられるのは未来でもなくて現在だけで(生きてるのは紛れもないこの瞬間ですから)。だからメソメソしてる時間が勿体無いですよね。次回頑張ろうを毎日自動更新していてはいけませんが、適度に必要なのかぁと思います。

こうして前向きにスタートした1限数甲。小テちゃんと満点です。

2限は現代文。今回何をしたのか記述問題で100字問題以外全て1行で解答してるんです。明らかに点数ないです…。しかも担当の先生が担任の先生ですから、解答用紙受け取るときにまともに顔を上げられませんでした。採点してくれた方にお礼を言うのは当然のことなのに思いっきり目を見ないで言いましたもんね。あぁ…

3限世界史。4限は英乙。ここまでの平均は76点。前回から全然成長できてません。あの時の反省はなんだったんでしょう…